徳島県あわぎんホールにて「ボクネン展」開催

徳島県あわぎんホールにて「ボクネン展」開催…

東大阪、石川県に続き徳島県でも「ボクネン展」を開催させていただきます。 『名嘉睦稔 木版画〜風の伝言(イアイ)〜』 会期:2016年11月30日(水)〜2017年1月9日(月・祝) 会期中2016年12月29日(木)2017年1月3日(火)まで休館 開催場所:あわぎんホール〔徳島... >>続きを読む。

ばななさんが、やってきた。

ばななさんが、やってきた。…

昨日11月29日の火曜日。作家の吉本ばななさんが来館しました。『沖縄離島情報』の2017年新年度号に掲載される巻頭対談のためです。お二人は、ばななさんが連載していた『海のふた』(毎日新聞、2004年)でボクネンが絵を担当していらいの、つきあい。大の仲良しです。来館の日も、顔を見るやハグをするなり大笑い。沖縄に来... >>続きを読む。

青の魔法を観においで。

青の魔法を観においで。…

今年最後のボクネン展が先週の金曜日(11月18日)から始まっています。今回で、はや19回目。展示会名は『闇夜の詩』(やみよのうた)です。館内には作品45点が「夜のまつり」のように並んでいます。さて、ここで展示会の副題を「青の魔法」にした理由を少しだけお話しましょう。 ボクネンの闇(夜)作品では「青」が重要... >>続きを読む。

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ…

  菊薫る季節となりました。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 菊と言えば、私なぞは菊花のお祭りより先に、電照菊の群れを思い出してしまいます。 沖縄は今だに最高気温が28度と、相も変わらず夏日のような日差しでございますが、 AKARAのワルミ通りを抜ける風は湿気が取れ、冬の様相... >>続きを読む。

美術館にひよどりがやってきた。

美術館にひよどりがやってきた。…

  11月14日、今日の朝。予報の温度は29度。デスクに座ると、ひよどりたちのかまびすしい喚き声がふと聞えてきた。美術館がオープンして、はや6年。ひよどりたちが、自然に立ち寄るようになってきたのである。 そもそも、ボクネン美術館(アカラ)は、美術館の森、森の美術館を目指してきたから、ひよど... >>続きを読む。

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ…

  深秋のみぎり、紅葉の美しい時期になってきたかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。   本日はオンラインストアにて新商品追加のお知らせでございます。 今回は木版画作品を多数追加いたしました。 以前より気になっていた作品や、新しく出会える作品がいるかもし... >>続きを読む。

はっとぅうぉい さぁゑっさ

はっとぅうぉい さぁゑっさ…

 伊是名村で旧暦6月に、毎年『ウンナー』という豊年祭が開催される。「道ジュネー」「拝所めぐり」「綱引き」「ガーエー」、そして「歌と踊りの遊び」で、夜を徹して行なわれるこの祭りは、迫力満天。  その綱引きのなかで村人たちが「はっとぅうぉい さぁゑっさ」という掛声を叫びながら、気持ちを鼓舞させるのであるが、これが不思... >>続きを読む。

絵に言葉をつけてみよう。

絵に言葉をつけてみよう。…

 版画専門誌『版画藝術』に毎年4回の広告を掲載しているボクネン美術館。そこで、ボクネン作品にタイトルとは別に「言葉」を載せる「言葉あそび」を続けています。さて、この冬(174号)は『御陰加那志』(うちちがなし、1996年)が作品です。今回の、のっける言葉は「星の聲」(ほしのこえ)にしました。みなさんだったら、なんと... >>続きを読む。

いよいよ彫り始めたよ。アミークス!

いよいよ彫り始めたよ。アミークス!…

 今月の12日に、このブログで紹介したアミークス(英語教育でグローバルな人材を育成する、うるま市の学校)の版画の課外授業。その担当であるボルトン先生からこの25日、「彫り始めました」というメールが入りました。  今月の4日、5日、7日と当美術館ですでに下絵を終え、いよいよ“彫り”に入ったという元気な報せです。毎年... >>続きを読む。

あんたもミクロネシアンだね!

あんたもミクロネシアンだね!…

美術館にはいろんなひとたちが訪れる。それは、そのひとたちの鑑賞を通して、意外なことに気づかされたり、勉強になったりもするのだ。いわば、美術館に勤めるスタッフのかすかな知的喜びなのだとも言える。 さて、その知的よろこびを、またひとつ紹介しよう。10月の中旬だ。コンベンションビューローの紹介で、フランスの名だ... >>続きを読む。