2019年2月1日 アートパネルを追加いたしました。

2019年2月1日 アートパネルを追加いたしました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2019年2月1日、新商品を追加いたしました。 名嘉睦稔の線描画作品から美しい植物たちを掬い取り、アートパネルに落とし込みました。まとめて飾ってもオシャレに映える、気軽にアートを楽しめる商品となっています。商品詳細は以下の通りです。 ... >>続きを読む。

『版藝』(2019年冬号)に広告を掲載。

『版藝』(2019年冬号)に広告を掲載。…

 ボクネン美術館では『版藝』(版画専門誌)の広告の場で、作品に「言葉」をのせる試みを続けています。今回の作品は『さきよだ』(1998年、31.3×47.0cm)。のせた言葉は「石の祈り」です。 ※ちなみに「さきよだ」のことを少しばかり。「さきよだ」(崎枝)は石垣島の西海岸に位置した風光明媚な半島を包括する地名... >>続きを読む。

2019年1月21日 刺繍シャツを追加いたしました。

2019年1月21日 刺繍シャツを追加いたしました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2019年1月21日、新商品を追加いたしました。 名嘉睦稔の木版画作品を元に、半袖襟シャツに刺繍をデザインしました。シンプルなシャツなのでお仕事でも着用できます。さりげないオシャレを楽しみたい方にピッタリの商品です。商品詳細は以下の通りです。 ... >>続きを読む。

臨時休業のお知らせ

臨時休業のお知らせ…

ボクネン美術館  /  アカラギャラリーからのお知らせです。 まことに勝手ながら、1月16日(水)は社員研修のため臨時休業とさせて頂きます。 1月17日(木)より通常営業となりますので、予めご理解を頂きますようお願い申し上げます。 また、同館に併設されておりますボクネン美術館についても休館となりますのでご了承... >>続きを読む。

年末年始の営業時間変更のお知らせ

年末年始の営業時間変更のお知らせ…

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。 ボクネン美術館 / アカラギャラリーをご利用のお客様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 本年は、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年もより一層のご支援を賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げ... >>続きを読む。

2018年12月15日 樹脂商品を追加いたしました。

2018年12月15日 樹脂商品を追加いたしました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2018年12月15日、新商品を追加いたしました。 名嘉睦稔の木版画作品を元に、県内の造形師が見事に樹脂置物として立体化。細部にまでこだわった、MADE IN OKINAWAの逸品です。商品詳細は以下の通りです。 ... >>続きを読む。

2018年12月1日 干支アートを追加いたしました。

2018年12月1日 干支アートを追加いたしました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2018年12月1日、新商品を追加いたしました。 AKARA所属のデザイナーとHabuBox所属デザイナー、そして名嘉睦稔が2019年の干支である亥をモチーフに描いたプレアートです。新年に向けて縁起物として玄関に飾ったり、贈り物にもオススメです。商品詳細は... >>続きを読む。

2018年11月25日 オリジナルTシャツを追加しました。

2018年11月25日 オリジナルTシャツを追加しました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2018年11月25日、新商品を追加いたしました。 AKARA所属のデザイナーが、沖縄をモチーフにデザインしたオリジナルTシャツです。ここでしか買うことのできない、限定商品となります。今回は、普段着に着やすいお洒落な7デザインをお届けします。商品詳細は以下... >>続きを読む。

2018年11月19日 オリジナルTシャツ販売開始しました。

2018年11月19日 オリジナルTシャツ販売開始しました。…

AKARAGALLERY公式オンラインストアをご利用の皆様へ。 2018年11月19日、新商品を追加いたしました。 AKARA所属のデザイナーが、沖縄をモチーフにデザインしたオリジナルTシャツです。ここでしか買うことのできない、限定商品となります。まずは、親子で着て欲しい5デザインをお届けします。商品詳細は以下の通りで... >>続きを読む。

『版画藝術』No.181(秋号)に広告掲載中。

『版画藝術』No.181(秋号)に広告掲載中。…

 ボクネン美術館では、版画専門誌『版画藝術』に季節ごとの広告を掲載しています。そこでは試みに作品のタイトル以外に言葉をのせるということをやっています。「絵は見る人のもの」というのは、ボクネンがよく口にすることですが、これにならって作家以外の言葉を作品にのせていこうというわけです。 作家以外だとどんな「タイトル... >>続きを読む。