ボクネン展Vol.24 『ハロー!キジムナー』〜沖縄・樹の妖精〜

ボクネン展Vol.24 『ハロー!キジムナー』〜沖縄・樹の妖…

沖縄(琉球)にはいろんな文化のもとが16世紀から19世紀にかけて外国からもたらされました。例えば、シーミー(清明祭)やシーサー、サンシン、亀甲墓などは中国から、また組踊りやエイサーなどは日本本土(大和の国)から伝わったものです。さて、”キジムナー”はどうでしょう。”キジムナー”は”キジムン”(怪の物=けのもの)... >>続きを読む。

ボクネン展vol.23『水の記憶』〜すべての始まり〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.23『水の記憶』〜すべての始まり〜…

次回企画展のご案内です。3月24日(土)よりボクネン展 vol.23『 水の記憶 』〜すべての始まり〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 ボクネンは四方を海に囲まれた島で自由奔放に育ちました。海で泳ぎ回 り、釣りや潮干狩りも味わい尽しました。海の好きな少年はいつしか海人(ウミンチュ、漁師... >>続きを読む。

ボクネン展vol.22『紋様の祈り』〜未来へのまじない〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.22『紋様の祈り』〜未来へのまじない〜…

次回企画展のご案内です。11月17日(金)よりボクネン展 vol.22『 紋様の祈り 』〜未来へのまじない〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 絵には人物はもとより山や海、動物、建物などの対象物が描かれています。作家は、それらを独自のイメージで作品にします。 ところが、対象物たちは私たちが見な... >>続きを読む。

ボクネン展vol.21「向日葵」〜太陽の使者〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.21「向日葵」〜太陽の使者〜…

次回企画展のご案内です。7月14日(金)よりボクネン展 vol.21『 向日葵 』〜太陽の使者〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 「ひまわりは、ゴッホが名作をたくさん描きましたから、ぼくはもういいと思うのだけれど、やっぱり描かずにはいられないんですよ」。そのボクネンの止むに止まれぬ衝動は、「ひまわ... >>続きを読む。

ボクネン展vol.20「風の聲」〜古層からの手紙〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.20「風の聲」〜古層からの手紙〜…

次回企画展のご案内です。3月25日(土)よりボクネン展 vol.20『 風の聲(かぜのこえ) 』〜古層からの手紙〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 「伊是名の神々を乗せた風が、身体を通過していくんです」。雑誌取材でボクネンは、こう語ったことがあります。「小満芒種」(すーまんぼーすー)・「夏至南風」... >>続きを読む。

ボクネン展Vo.19 「闇夜の詩」〜青の魔法〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展Vo.19 「闇夜の詩」〜青の魔法〜…

次回企画展のご案内です。11月18日(金)よりボクネン展 vol.19『 闇夜の詩 』〜青の魔法〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 「我々の心の闇が穏やかである為に外界において闇が必要なのである」と、かつてボクネンは言いました。これは、「闇(影)」が人間の心と身体に深遠な世界を拓いており、作品にと... >>続きを読む。

ボクネン展vol.18「島を彫る」〜海と神の島〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.18「島を彫る」〜海と神の島〜…

次回企画展のご案内です。7月15日(金)よりボクネン展 vol.18『 島を彫る 』〜海と神の島〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 ボクネンは、かつて『島(ここ)が一番おもしろい』というキャッチフレーズを唱え、第1回の個展〔円環する島〕を開催しました。それは作家が人びとの生活や信仰の根っこである[... >>続きを読む。

ボクネン展vol.17 『神々の山』〜島の守護霊〜

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.17 『神々の山』〜島の守護霊〜…

次回企画展のご案内です。3月26日(土)よりボクネン展 vol.17 『 神々の山 』〜島の守護霊〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 沖縄の島じまには、神が降臨する「山」(或は小高い丘)がいくつもあります。それは「山」が天に近いこともあるのでしょうが、「山」が腰当森(クサティムイ)という形をとって... >>続きを読む。

名嘉睦稔 アーティストトーク『絵の舟に乗って』

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

名嘉睦稔  アーティストトーク『絵の舟に乗って』…

名嘉睦稔  アーティストトーク『絵の舟に乗って』 佐藤壮広×名嘉睦稔 佐藤壮広(たけひろ)(宗教人類学者) 1967年青森県生まれ。 研究分野はシャーマニズムなど。主著に「沖縄民俗辞典」(共編著2008年) 主論文に「心身の痛みと《場所性》の回復−沖縄のシャーマンの身体知に探る世界... >>続きを読む。

ボクネン展vol.15 『ともだち展』

※ このイベントは終了致しました。イベント内容を見る>>

ボクネン展vol.15 『ともだち展』…

ボクネン美術館ブログをご覧いただきありがとうございます。 次回企画展のご案内です。 7月25日(土)よりボクネン展 vol.15『ともだち展』〜隣り合う別の色〜と題し、新しい企画展がスタート致します。 ※展示替えの為、7月21日(火)~24日(金)は、ボクネン美術館は臨時休館となります。何卒、... >>続きを読む。

  • 1
  • 2