「つわぶき」が咲いてるよ。

「つわぶき」が咲いてるよ。…

 最近、中城城跡に足を伸ばしてみたら、いたるところに「つわぶき」が咲いていて、なんとも気持ちよい散策ができました。そんなとき、美術館のブログに届いたのが、恒例アミークス(一環した英語教育で世界的な視野をもつ学童を育てる学校法人)の子どもたちの「アート・エギジビション」のニュースでした。  美術館で懸命に子どもたち... >>続きを読む。

謹賀新年 本日より営業開始致します!

謹賀新年 本日より営業開始致します!…

  皆様、新年明けましておめでとう御座います。 旧年中は大変お世話になりました。 本年も変わらぬご愛顧賜りますようどうぞ宜しくお願い致します。   さて、本年の幕開け、皆様いかがお過ごしでしょうか? 正月クワッチー(ごちそう)を食べながらお家でのんびりでし... >>続きを読む。

黄色の魔法?

黄色の魔法?

 現在、開催中の展示会は『闇夜の詩〜青の魔法〜』ですが、その開催当初に、ボクネン画の闇は黒・白・青で描かれ、特に「青の魔法」は興味深いと言いました。しかし、ひとつ言いそびれたことがあります。  それは「黄色の魔法」です。例えば「黄色」は、ゴッホ作品のなかでは、港の夜景などで頻繁に使われています。そして、ふと考えた... >>続きを読む。

気根から始まる。

気根から始まる。

 先日、ボクネンが嬉しそうにアカラ南東側の花園にぼくを誘った。すると、そこにはガジュマルのヒゲが地面に辿り着いて、太巻きのしっかりとした根を生やしていた。2010年以来「アカラを森にしよう」というキャッチフレーズを唱え続けてきた成果が、ようやく眼に見えるまでになったのである。  ところでそこでふとおもったのは、こ... >>続きを読む。

徳島『名嘉睦稔木版画展〜風の伝言(イアイ)〜』作家来場イベント。

徳島『名嘉睦稔木版画展〜風の伝言(イアイ)〜』作家来場イベン…

11月30日よりスタートした徳島市あわぎんホールの『ボクネン木版画展〜風の伝言を彫る〜』。この12月11日には、同市内にあるホテルサンシャイン徳島でトークショーが開催されました。対談相手は東大阪市でもお馴染みの石上敏さん(大阪商業大学教授)。会場の80人近くの観客が二人の話に興味深く耳を傾けていました。石上さん... >>続きを読む。

眼から受けた刺激が思いを広げていく。

眼から受けた刺激が思いを広げていく。…

  —剣岳(つるぎだけ)をモチーフに描いた『屏風山』(びょうぶやま、182.5×276㎝)の新作品が30分ほど前に完成して、いまどんなふうな気持ちですか。 ボクネン この作品は『神々の山』の展示会(2016年3月26日〜7月10日)のために、山というテーマを半強制的に与えられて彫ったんだけ... >>続きを読む。

【オンラインストア】「闇夜の詩〜青の魔法〜」関連商品追加のお知らせ

【オンラインストア】「闇夜の詩〜青の魔法〜」関連商品追加のお…

荒涼たる冬となり、寒さも一層際立ってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 沖縄は今だに半袖にするか、長袖にするか、はたまた半袖にカーディガンか・・・と思案にくれる日々を送っております。   そんな折、本日はオンラインストアにて新商品追加のお知らせでございます。 今回は... >>続きを読む。

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ

【オンラインストア】新商品追加のお知らせ…

本年も押し迫ってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。 来年の干支 酉 グッズが入荷いたしました。 本日2016年12月8日(土)より2017年度 干支グッズを追加いたしました。今回はボクネン作品のレプリカ及び、美ら海水族館や首里城公園のオリジナル商品なども手がけるデザイナーによる干支プレアート... >>続きを読む。

私の、ひとことコメント。

私の、ひとことコメント。…

 「咲ちゃん、今度の展示会(『闇夜の詩』〜青の魔法〜)で好きな作品は?」と、尋ねる私。  「『田面富士』(たおもふじ)が、好きなんです」と、すぐさま20代前半の乙女の声を出す渡久地咲ちゃん。ボクネン美術館のスタッフだ。  「そう…、それはどうして?」と、おじさんモードの声を出す私。  「青と赤と黄色。それらの... >>続きを読む。