『樹娘』(きこ)。

『樹娘』(きこ)。…

先週の月曜日、6月19日のこと。ボクネンが秋の展示会(『紋様の祈り〜未来へのまじない〜』)のために作品を彫り始めているという話を聞いて、読谷のアトリエまで出かけてみました。 すると、すでに3点の作品(48.0×47.0cm)がモノクロ刷りを終えていて、そのなかのひとつに『樹娘』(きこ)と言う作品がありました。... >>続きを読む。

浦添ようどれ。

浦添ようどれ。

 昔から不思議に思っていたことがあります。浦添城跡の一画にある「浦添ようどれ」のことですが、その王陵には、首里城で王に就いた尚寧王が葬られていると言います。彼がその墓に眠るのは、浦添出身の王だからということになっています。  それはいいとして、なぜ「ようどれ」(夕凪)なのでしょうか。「浦添ようどれ」の別名は、「極... >>続きを読む。

「甲斐よしひろさん」が、やってきた!

「甲斐よしひろさん」が、やってきた!…

「やあ、こんにちは」 「あらあら、どうも、どうも」 初対面にしては、まるで旧知の仲のよう。そのわけは、音楽と絵の仕事が共通する何かを感じたからのようでした。 先月5月の25日。梅雨の真っ只中、ボクネンを訪ねてくれたのは、あの甲斐バンドのリーダー、甲斐よしひろさん。某FM局の対談収録のためです。... >>続きを読む。

白龍。

白龍。

 以前に話だけはクヮッチー(ご馳走)していた「白龍」(はくりゅう)。  ついに昨日6月11日の真昼間、沖縄の空を通過していくのを見ました。この「白龍」というのは、今の時期、つまり小満芒種(スーマンボースー:沖縄口で梅雨の代名詞)の後半〝ボースー〟の時に、本土のほうに向かって龍のような白い長い雲が沖縄本島を下にして... >>続きを読む。

風の種。

風の種。

梅雨の時期ですが、公園でウォーキングなどをしていると、ふと“小さな風”が身体にあたってきて、とてもいい気持ちにさせてくれます。おそらく、夏に向けて南からの風が吹きはじめているのでしょう。 ところで、この“小さな風”、沖縄(琉球)語ではとても素敵ないいかたをします。つまり、小さな風でゆくゆく大きくなっていく... >>続きを読む。

歌川広重の雨。

歌川広重の雨。

 以前に予約録画していた『広重が描いた日本の絶景』(NHK日曜美術館)を最近、やっと観ました。録画した理由は、このごろ版画で気になっていた“雨”の描き方に興味をもっていたからです。それも歌川広重は「雨の詩人」という言い方もされていますからね。もっと詳しく広重について知りたいと思っていたのです。  広重の雨の作品と... >>続きを読む。

梅雨どきの風がおもしろい。

梅雨どきの風がおもしろい。…

 先週の土曜日から、奄美地方とともに沖縄地方も梅雨入り。さて、この季節に吹く沖縄の風の名前と働きがおもしろいので、紹介したいとおもいます。もちろん、元ネタは“風の百科事典”ボクネンです。教科書に載っている言葉ではなく、地元に伝えられる風の言葉ですから、これがまたすごくおもしろいのです。  たとえば、いまの梅雨どき... >>続きを読む。

30日間の幕を閉じた愛媛展。

30日間の幕を閉じた愛媛展。…

この5月7日で、終了した「名嘉睦稔展〜風の伝言を彫る〜」。のべ30日間の開催で、愛媛の方ばかりでなく、会場には遠方北海道からも訪れるファンもいてかなりの熱狂ぶり。80点余に及ぶ作品の展示は、作家の画業30周年の節目を飾る記念すべき展示会にもなった。ライブ制作、開催記念特別対談(×早見和真<小説家>)、子供たち<... >>続きを読む。

愛媛展、彫り下し作品から。その2

愛媛展、彫り下し作品から。その2…

 愛媛展、17日目が過ぎました。遊子小でのワークショプの盛り上がりで、この2、3日、中学校や高校の生徒たちが、団体で鑑賞され盛況のようです。  さて、現地で彫り下ろした作品から、今回は『星降る段畑』(2017年、62×49 cm)を紹介しましょう。いつも感じるのですが、ボクネンはどこの位置からこの作品を描... >>続きを読む。

「興奮を共有した!」ボクネン、こどもたちと共同制作。

「興奮を共有した!」ボクネン、こどもたちと共同制作。…

  愛媛県松山市で、現在開催されている「名嘉睦稔展〜風の伝言を彫る〜」の関連イベントで、遊子小学校(宇和島市)の生徒たち24人(4〜6年)が作家と一緒に、共同作品に取り組んだ。場所は同校のゆすっこホール。展示会に合わせて、子供たちにぜひ版画の楽しみを知ってほしいという主催の実行委員会の申し出に名... >>続きを読む。