なんか見た事ある


この風景、なんか見た事ある。
ボクネンの作品を見ていると、そう思う事がたくさんあります。
沖縄に移住してまだ1年の私が、この景色を見た事なんてあるはず無いだろ〜。
ましてや伊是名島の風景なんて、県内の人でも見た事無い人がほとんどだぞ!妄想ばっかりするんじゃないよっ!!
って言われるかもだけど、そう思っちゃうから仕方が無いのです。
絵は、一体誰のモノか?
作家のモノ?ギャラリーのモノ?購入してくれたお客様のモノ?
この深いテーマについて、ボクネンは明確な答えを持っています。
「その絵を見た人のモノ」
だから、もしかしたらボクネンが伊是名の海をイメージしながら彫った版画でも、
それを見た人が「あ!和歌山のおばあちゃん家の近くの海だ!」
と思えば、それは伊是名の海では無く、和歌山のおばあちゃん家の近くの海なのです。
作家自身が、そう言ってましたので、問題ないです。
ボクネンの絵を見るときは、どうぞ胸を張って、存分に妄想して下さい。