ようこそ「アカラ」へ!⑪ ボクネン美術館

ようこそ「アカラ」へ!⑪ ボクネン美術館…

さて「アカラ」の紹介もここまで来ましたが、ここでいちばんの見所である施設の紹介です。それは沖縄でもこれほど大きな民間施設としては珍しいボクネン美術館。みなさんには、ここで「自然」や「生命」のことをスタッフと一緒に感じてもらえればいいなとおもっています。 ◉「自然」と「人間」の結び目ってなんだろう。 ボク... >>続きを読む。

ようこそ「アカラ」へ!⑫ アカラギャラリー

ようこそ「アカラ」へ!⑫ アカラギャラリー…

ボクネンの作品やグッズ、ハブボックスのデザイナーたちの作品がにぎわうアカラギャラリー。 ◉木版画以外のボクネン作品(リトグラフ・シルクスクリーン)も並ぶ。 北側のギャラリー入口から入ると左手に、ボクネンの木版画が展示されています。ここでは、購入も可能ですから気軽にスタッフに声をかけていろんなことを聞いて... >>続きを読む。

ようこそ「アカラ」へ!⑬ ハブボックス

ようこそ「アカラ」へ!⑬ ハブボックス…

「おきなわを着る」なら県産Tシャツの老舗にいらしゃい。 今回の施設紹介はワリミ通りの西側1階にある「ハブボックス」。知る人ぞ知る、沖縄産まれのTシャツ屋さんです。ちなみにハブボックス店舗は、アカラの店舗のほかに那覇、美浜、恩納と3か所にあります。 「ハブボックス」が生まれて35年。私たちハブボックスは、... >>続きを読む。

ようこそ「アカラ」へ!⑭ レキオシアン

ようこそ「アカラ」へ!⑭ レキオシアン…

ボクネン版画がテキスタイルデザインと合流。太古と未来の風が出逢って変幻自在のファッションが生まれた。 今回はハブボックスのハイコンセプトをリーディングする“レキオシアン”を紹介。“レキオシアン”とは、幻想の琉球民族をイメージしてファッション展開をしているブランドのことです。 2010年のアカラオープンを... >>続きを読む。

  • 1
  • 2