ようこそ「アカラ」へ!⑥ ソイソイ通り

アカラ施設案内ファサード

 前回紹介した“ワルミ通り”の東側に通っているのが“ソイソイ通り”です。つまり、このアカラにはふたつの通りがそれれぞれにつくられていることになります。ちなみにこの“ワルミ通り”は、北東から南東に走っています。

 “ソイソイ”は沖縄語で“そよそよ”。風が“そよそよ”という意味です。“いそいそ”とも言えるでしょう。心も“ウキウキ”として抜ける通りという感じですね。

 さて、この“ソイソイ通り”ではどんな風が吹くんでしょう。それは南から吹いて来る風なんですね。沖縄語では“南風(フェーカジ)”って言います。この“フェーカジ”は、まだ少し肌寒い3月(旧2月)のころに吹くもので、春の訪れも感じさせるんですね。

 それから、初夏を思わせる5月ごろにさわやかに吹く風もあります。これは新南風(ミーフェー)とか小南風(クーフェー)とも言います。かわいいネーミングですよね。夏の足音って感じかな。

 みなさんには用事がなくても、このふたつの通りを歩いてほしいなぁ。ここを南風と一緒に歩いていると、なにしろ風と話ができそうな気がしますからね。

AB-7