ボクネン展vol.14『太陽の歓び』〜うてぃだがなしの誕生日…

ボクネン展vol.14『太陽の歓び』〜うてぃだがなしの誕生日〜

ボクネン美術館ブログをご覧いただきありがとうございます。

新しい展示会のご案内です。

本日より、ボクネン展vol.14『太陽の歓び』〜うてぃだがなしの誕生日〜と題して「太陽」をテーマにした展示会をスタート致しました。

ボクネン展vol.14-チラシ表 3.5

 

期   間:2015年3月20日(金)~7月20日(月)

時   間:11:00~20:00(期間中無休、最終入館19:30)

 入 館 料:大人¥800 高校生以下¥500 未就学児(6歳未満)無料

ボクネンは日の出のことを「一日が孵化(ふか)する」と表現します。毎日新たな今日が誕生している、という考えは、あたりまえのごとくに繰り返される日々を慈しむ心のあらわれのように思えます。生けるものに平等にとどけられる、太陽の光。同じように、どんな生き物のもとでも、あたらしい一日は平等に生まれています。光の恵みに関心をよせてみると、歓喜のみなもとがすぐ目の前にあったのだ、と我にかえり、おどろいてしまうほどです。わたしたちは、なんと容易に日々をよろこぶことができるのでしょうか。まるで御太陽加那志(うてぃだがなし)の誕生日のようです。

本企画展では、一日の生まれる、まさにその瞬間の日の出の絵を中心に、太陽に関連する作品を集めて展示いたします。ボクネンが彫刻刀でとらえた太陽の版画絵の数々の、見る者の目も心も祝福する、すがすがしい輝きに照らされて下さい。

ボクネン美術館 学芸員 渡久地 未樹子