新しい企画展、はじまります!!7/21(土)から!!

新しい企画展、はじまります!!7/21(土)から!!…

7/21より、アカラギャラリー2階のボクネン美術館が、新しい展示になります。 今回は、『人間への手紙』シリーズの第2通目として、「生きもの」をテーマにした展示になります。 その名の通り、数あるボクネン作品の中から、「生きもの」をモチーフにしたものを中心とした構成になります。 私自身もまだ展示をしていないので、どんな雰... >>続きを読む。

ボクネン美術館イベントのご案内

ボクネン美術館イベントのご案内…

今回で第3回目を迎える、美術館・朗読会ライブのご案内です。 3次元曲線を描く美術館の独特な空間で、名嘉ボクネンの大作に囲まれながら、アナウンサー・佐渡山美智子さんの画文集「風のゆくえ」の朗読と、ボクネンの唄三線に酔いしれる、極上のひとときをお楽しみ下さい。 また、20:00頃から、軽食・ドリンク付きの作家を囲んだ懇談... >>続きを読む。

「鼓動」展スタート!!

「鼓動」展スタート!!…

素晴らしい音楽を耳にしたとき 想像を超えた絶景を目にしたとき 人を愛したとき 恐怖に震えるとき とてつもない現実に立ち向かうべく、自分を奮い立たせるとき 人は自身のどこからか「鼓動」を感じます。 高まる動悸、激しくなる呼吸、空気の波動、みなぎるパワー。 どれにも当てはまるし、ある意味ではどれにも当てはまらない。 それ... >>続きを読む。

ボクネン in 奄美

ボクネン in 奄美

鹿児島県奄美大島にあります田中一村記念美術館では、開館十周年を記念 した企画展としてボクネン木版画展「風の島から」が開催されています。 スタッフ代表として今回奄美に設置作業に行って来ましたので、レポート してみたいと思います。 奄美大島へは39人乗りの小型機で行きました。 那覇からは50分程のフライト。近い〜! ボ... >>続きを読む。

タケシ君とボクネン君

タケシ君とボクネン君…

一見、子どもの様にはしゃいでいる様に見える。 しかし油断して近づいていき、盗み聞きしてみると、内容は果てしなくディープ。 実体験や読書、勉強で得たであろう、恐ろしい程の量と質のデータベース同士が、 豪速球でキャッチボールしていて、私は相づちすら打つ事が出来ませんでした。 (マス北野でおなじみ?)自他ともに認める読書家... >>続きを読む。

世界の・・・北・・・

世界の・・・北・・・…

この夏のある日・・・ ある方のご来店で、AKARAに激震が走りました。 その方とは・・・世界の!! そう!!北野武さんです!! 実は来月放送の「たけしアート☆ビート」の収録でのご来館でした。 ボクネンとは、2001年に「たけしの誰でもピカソ」での共演以来の再会。 お笑いタレント、俳優、映画監督としてだけではなく、芸術... >>続きを読む。

第2回「風のこどもたち」朗読会を終えて考察(妄想)

第2回「風のこどもたち」朗読会を終えて考察(妄想)…

目を閉じて、物語を想像するひと。 物語を想像しながら、朗読と唄三線を楽しむひと。 朗読と唄三線を楽しみながら、版画を眺めるひと。 先日、ボクネン美術館で開催した朗読会「風のこどもたち」。 「美術館の中で唄と三線と朗読を聞く」という、他ではあまり類を見ない新たな試みに、お集まり頂いたお客様方も、思い思いのスタイルで楽... >>続きを読む。

模写大会を終えて、考察。

模写大会を終えて、考察。…

かの有名な画家、パブロ・ピカソは晩年88歳の時、「この歳になって、ようやく子供のような絵が描けるようになった」と話しました。 そう、子供達が描く限りなく自由で素直な絵は、世界中の芸術家達が目指す境地なのです。 私自身も、この3回に渡った模写大会で、その事を強く感じました。 「描こうと思っても、この絵は描けない」と。 ... >>続きを読む。

朗読会のご案内

朗読会のご案内

9月2日(金)の夜、ボクネン美術館で朗読会【風のこどもたち】を開催します。 前回、姉妹店【JANOSZ(ジャノス)】で開催し、その好評を受けての第2回目。 ボクネンの作品と文で構成された画文集【風のゆくえ】や絵本【人魚夜話】の物語を、 ボクネンの三線と唄をバックに、アナウンサー・佐渡山美智子さんが朗読します。 「... >>続きを読む。

あぁ!!あの顔か!!

あぁ!!あの顔か!!…

ボクネン美術館での模写イベント「みてみよう!かいてみよう!ボクネンの世界!」。 昨日、第2ラウンドを開催しました。 今回も、前回と負けず劣らず、全国各地から鬼才・天才が勢揃い!! もう、子供達が描くの絵のあまりの素晴らしさに、頭がクラクラしていまいます。 今回は、紙の周りをギザギザに切ったり、クレヨン画に貼り絵を... >>続きを読む。