ボクネン展vol.19『闇夜の詩』〜青の魔法〜3月20日まで

ボクネン美術館ブログをご覧いただきありがとうございます。

昨年11月15日(金)より開催しております、ボクネン展vol.19『闇夜の詩』〜青の魔法〜展も3月20日(月)までとなっております。

「光」が次第に少なくなり、ほぼ「闇」に被われていくとき、私たちの視覚は「黒と青と白」の躍動をとらえると言われます。ここで興味深いのは「青」の役割です。「青」は時には「黒や白」の代わりも演じ、「闇」をより神秘的にしているのです。

ボクネンの闇夜作品でも、「青」が特徴的に使われていることにお気づきの方もいらっしゃるかとおもいます。実際、作品に描かれた闇夜や星空などは「黒と青と白」が渾然一体となって効果的に表現されています。これは作家が「青の魔法」をかけることによって、より独自な「闇」の世界を描いているのです。

今回の展示会は、「青」を自在に駆使し「闇」の本質を追求するボクネン芸術を知る手がかりになることでしょう。

まだご覧になっていない皆様、ぜひ足をお運び下さい。