絵を待ち伏せる言葉たち No.30…

絵を待ち伏せる言葉たち No.30

版芸170号-入稿’15-10.29

 3か月に一度紹介している「絵を待ち伏せる言葉たち」。今回は『万象連鎖壱佰伍拾七  昇玉』(しょうぎょく、2005年、46.0×46.0 cm)です。このコーナーは版画専門誌『版藝』に年四回、ボクネン美術館の広告を出していますが、そこでボクネン作品に、その版画のイメージさせる言葉を載っけているのです。タイトルではなく、その役割とは違うものを探すという試みですね。言わば作品から喚起させられる言葉を紡ぎ出し、絵と言葉の「あやとり」みたいなことを実験的にやっているわけですね。下に広告そのものを載せてありますので、ご覧ください。よかったら、あなたも自分だけの「言葉」を載せてみませんか。

版芸170号-入稿’15-10.29