第三回『みてみよう!かいてみよう!ボクネンの世界』


ボクネンの版画作品で度々描かれる、浜木綿(はまゆう)。
写真はリトルジャノスの通りの浜木綿です。
美しく、また誇らしく咲き誇っています。
アカラギャラリー公式ブログをご覧のみなさまこんにちは。
8月9日(金)ボクネン美術館にて子どもお絵かきイベントが開催されました。
小学生を対象に、ボクネン美術館に飾っているボクネン作品を見て自由に絵を描く夏休みお絵かきイベント。
今年も多くの子どもたちが絵を描きに来てくださいました。

當山館長のあいさつと、参加者みなさんの自己紹介。
ちょっと緊張しちゃったかな??

好きな絵の前に座り、模写したり、絵から連想する世界を描いたり、みんな力強く絵を描いてくれました。
大胆に筆を走らせる子や、繊細に緻密に下書きをして色を丁寧に塗ってくれる子、ボクネン作品そっくりに模写をしてくれた子、みんなの個性がピカピカ光っていました。
どんな絵が出来上がるのか、とってもワクワク!

ボクネンさんが乗り移ったように、手を大きく動かして描いてくれる子たちもたくさんいました。
真剣が一番カッコイイ!みんなの背中がたくましかったです!

ボクネンさんもみんなの絵を見て嬉しそう!
私たちも夏休みの良い思い出ができました。
※皆さんが描いてくれた作品は、8月16日から8月25日の期間、アカラギャラリーにて展示させていただきます。
素晴らしい作品の数々、乞うご期待!
スタッフ/上地